終了
第1章 総則
(適用範囲)
  第1条    この規約は、厚木市が運用及び提供するマイタウンクラブ(以下「提供システム」という。)を、本規約第2条に規定するマイタウンクラブ利用登録者(以下「登録者」という。)が利用することについての一切に適用します。
     提供システムにおいて提供するサービスのうち、第2章に掲げる公共施設予約システムについては、厚木市、愛川町及び清川村(以下「市町村」という。)が共同で利用するものとし、提供システムの利用に伴う利用者登録等の事務については市町村が共同で行うものとします。
     市町村は、登録者の承諾を得ることなくこの規約を変更することができるものとし、登録者はこれを承諾するものとします。この変更は、提供システム又は市町村が提供する手段を通じて、随時、発表します。
    本規約については、登録者が当該サービスを受けるために、利用者登録番号(以下「登録番号」という。)等を入力したときは、当該変更内容又は新規約を承認したものとみなします。
    第7章に掲げるお店・サービス情報を利用することを目的とされる方及び団体は、本条第1項の規定による利用者登録の有無にかかわらず、本規約第58条の規定により厚木市が利用の承認をした方を登録者とします。
(利用者の登録)
  第2条    提供システムを利用する場合は、本規約を承諾のうえ、マイタウンクラブ利用者登録申請書(以下「申請書」という。)により、市町村に提供システムの利用を申請し、市町村が利用の承認をするものとします。
     前項の規定による登録の区分は、個人登録及び団体登録とします。
     個人登録で第4章に掲げる地域コミュニティ支援システムを利用することを目的として登録される方及び団体登録される方は、本条第1項で規定する申請書のほか、厚木市が別に定める書類により申請し、厚木市が利用の承認をした方を登録者とします。
     本条第1項及び第3項の規定による申請の受付窓口(以下「登録窓口」という。)は、個人登録にあっては別表第1、団体登録にあっては別表第2のとおりとします。
(申請の確認)
  第3条    市町村は、前条の規定による個人登録の申請があったときは、申請者に対し、第1項第1号に規定する書類等により確認を行います。なお、申請者が市町村以外に居住し、かつ、市町村内に勤務しているときは第2号に規定する書類等により確認し、通学しているときは第3号に規定する書類等により確認を行います。
       (1) 本人であること及び居住地の確認書類等
        ア 運転免許証
        イ パスポート
        ウ 健康保険証
        エ 年金手帳
        オ 印鑑登録証明書
        カ 住民基本台帳カード(顔写真付)
        キ 特別永住者証明書
        ク 在留カード
        ケ 個人番号カード
        コ その他、市町村が適当と認める書類等
       (2) 本人であること及び市町村に在勤している方であることの確認書類等
        ア 社員証
        イ その他、市町村が適当と認める書類等
       (3) 本人であること及び市町村に在学している方であることの確認書類等
        ア 学生証
        イ その他、市町村が適当と認める書類等
     前条の規定による団体登録の申請があったときは、市町村が申請者に対し、第1項に規定する書類等により本人であることの確認行います。
(登録の実施)
  第4条    市町村は、第2条の規定による申請があった場合において、第3条の規定による確認をしたときは、氏名、住所、電話番号その他市町村が必要と認められる事項を提供システムに登録します。
(承認)
  第5条    市町村は登録申請を行った方が、次の項目に該当する場合は利用を承認しない場合があります。
       (1) 既に同一の登録区分で利用者登録証(以下「登録証」という。)の交付を受けている登録者
       (2)過去の規約違反などにより、提供システムの利用資格の取消しが行われていることが判明した場合で、今後においても規約厳守の見込みがない場合
       (3)利用申請時に虚偽、誤記又は記入漏れがあったことが判明した場合
       (4)その他、市町村が提供システムの利用を不適当と判断した場合
(登録番号)
  第6条    市町村は、利用の承認をした方に対し、異なる登録番号を設定します。
     登録者は、登録番号を第三者に知らせることがないよう善良な管理者の注意をもって管理するものとします。
(登録証の発行及びその取扱い)
  第7条    第2条に規定する登録者の方に、登録番号を表記した次の各号に掲げる登録証を発行します。
       (1) 個人登録にあっては、次の登録証を発行します。
        ア 個人(大人)登録証 16歳以上(登録申請を行った年度内に満16歳に達する方を含む。)の方
        イ 個人(小人)登録証 中学生以下の方
       (2) 団体登録にあっては、団体登録証を発行します。
     登録証により、利用できるサービスが異なります。
     登録証に表記された方以外は、その登録証を使用することはできません。
     登録者は、登録証を第三者に譲渡したり、貸与したりすることはできません。
     登録者は、登録証を善良な管理者の注意をもって管理するものとします。
     提供システムの登録の申請を行い、発行された登録証は、登録証発行日の翌日から使用できるものとします。ただし、申請の内容、事務手続きの事由等により登録証の発行に日数のかかることがあります。
(登録番号及び暗証番号の管理)
  第8条    市町村は、登録者が指定する4桁から10桁までの任意の半角英数字を暗証番号(以下「パスワード」という。)として登録します。
     登録者は、登録番号及びパスワードを第三者に譲渡したり貸与したりすることはできません。
     登録者は、本規約に基づき付与された登録番号並びにパスワードの管理、使用について責任を持つものとし、市町村及び他の登録者に損害を与えることのないよう、また、第三者に知られることのないよう善良な管理者の注意をもって管理するものとします。
     登録者のパスワードについては、市町村において当該パスワードの確認を行うことができません。ただし、次の各号に掲げるいずれかの方法により、パスワードの確認等を行うことができます。
       (1) メールアドレスの登録者は、提供システムにおいて所定の事項を入力し、登録されているメールアドレスにパスワードを送信することにより、確認できるものとします。
       (2) 登録者は、第14条に規定する届出事項の変更申請により、パスワードを変更できるものとします。
     登録番号の照会については、登録窓口において第3条に規定する確認を行い、通知するものとします。
(登録証の紛失、盗難)
  第9条   登録者は、登録証を紛失したとき又は盗まれたときは、直ちにその旨を市町村に届け出るものとします。
(登録証の再発行)
  第10条    登録者は、登録証の紛失、き損又は盗難などにより登録証の再発行が必要な場合は、登録窓口で所定の申請を行うものとします。
    再発行の申請の際は、第3条に規定する確認を行います。
(登録証の有効期間)
  第11条    登録証の有効期間は、提供システムに登録を行った日から3年後の同日までです。
     
登録証
区分
有効期限
個人登録
新規
提供システムに登録を行った日から3年後の同日までとする。
更新
有効期間の終了日から3年後の同日までとする。
団体登録
新規
更新
有効期間は3年とする。平成30年6月1日から3年後の5月31日までを基準期間とし、3年ごとに更新手続を行うものとする。なお、期間途中で新規登録又は更新手続をするときは、次回の有効期限までの残りの期間とする。
     有効期限を超えた登録証については、登録窓口で更新手続を行うことができます。
     市町村は、有効期限が過ぎ、無効になってから市町村が定める一定期間を経過したときは、当該登録番号を削除することができるものとします。
(登録の廃止)
  第12条    登録を廃止するときは、登録窓口で登録証を添えて所定の申請を行うものとします。
(利用者登録の取消し等)
  第13条    市町村は、登録者が次の各号のいずれかに該当するときは、その登録を取り消し、又は利用を一時的に停止することができるものとします。
       (1) 登録者が死亡したとき、又は失踪宣告を受けたとき。
       (2) 第2条の規定による申請の内容が虚偽であったと判明したとき。
       (3) 第9条の規定による申請がなされたとき。
       (4) 登録者が虚偽その他不正な手段により、提供システムの利用をしたとき。
       (5) 他の登録者の適正な利用を妨げる行為があったとき。
       (6) その他、市町村が必要と認めるとき。
(申請・届出事項の変更)
  第14条    登録者は、市町村に届け出た事項に変更が生じた場合は、遅延なく、その旨を登録窓口に届け出るものとし、市町村は届出があったときは第3条に規定する確認を行います。ただし、次の各号に掲げる項目については、提供システムから変更することができます。
       (1) 個人登録 電話番号、携帯電話番号、メールアドレス、パスワード
       (2) 団体登録 連絡先氏名、連絡先住所、連絡先電話番号、連絡先携帯電話番号、メールアドレス、パスワード
(登録情報の字体)
  第15条    申請書の字体が、提供システムにおいて取扱いが困難である場合は、類似する標準字体(JIS第1水準及び第2水準)で登録するものとします。
(設備等)
  第16条    登録者は、提供システムを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、電気通信サービス及びその他これらに付随して必要となるすべての機器を、自己の費用と責任において準備するものとします。
(内容変更)
  第17条    市町村は、登録者への事前の通知なくして、提供システムの諸条件、運用に関する規則、提供システムを変更することがあり、登録者はこれを承諾するものとします。
(サービスの一時的な中断)
  第18条    厚木市は、次に該当する場合には、登録者に事前に通知することなく、一時的に提供システムを中断する場合があります。
       (1) 提供システムの保守を定期的に、又は緊急に行う場合
       (2) 火災、停電などにより提供システムの運用ができなくなった場合
       (3) 地震、噴火、洪水、津波などの天災により提供システムの運用ができなくなった場合
       (4) 暴動、騒乱、労働紛争などにより提供システムの運用ができなくなった場合
       (5) その他、運用上又は技術上において、提供システムの一時的な中断が必要であると厚木市が判断した場合
(提供システムの内容の保証)
  第19条    提供システムの内容は、市町村がその時点で提供するものとします。市町村は、提供する情報又は登録者が登録する情報などについて、その完全性、正確性、適用性、有用性などは、いかなる保証も行わないものとします。
     市町村は、いかなる理由によって提供システムの遅延又は中断などが発生しても、その結果により登録者又は他の第三者が被った被害について、一切の責任を負わないものとします。
(損害賠償及び自己責任の原則)
  第20条    市町村は、提供システムの利用により発生した登録者又は第三者に対する損害について、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとします。
     前項の場合において、登録者は自己の責任と費用をもって発生した問題を解決し、市町村に損害を与えることのないものとします。登録者が本規約に反した行為又は不正若しくは違法な行為によって市町村又は第三者に損害を与えた場合、市町村は、登録者に対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
(私的利用の範囲外の利用禁止)
  第21条    登録者は、市町村が承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、市町村が通じ当該第三者の承認を得ることを含む。本条において以下同じ。)を除き、提供システムを通じて入手したいかなる情報も複製、販売、出版その他私的利用の範囲を超えて使用することができません。
     登録者は、前項に反する行為を第三者にさせることはできません。
(営業活動の禁止)
  第22条    登録者は、市町村が承認した場合を除き、提供システムを使用して、営業活動、営利を目的とした利用をすることはできません。
(その他の禁止事項)
  第23条    前2条に定めるもののほか、登録者は、提供システムを使用し、次の行為をすることができません。
       (1) 公序良俗に反する行為
       (2) 犯罪的行為に結びつく行為
       (3) 他の登録者又は第三者の著作権を侵害する行為
       (4) 他の登録者又は第三者の財産、プライバシーを侵害する行為
       (5) 他の登録者又は第三者に不利益を与える行為
       (6) 他の登録者又は第三者を誹謗中傷する行為
       (7) 宗教活動、勧誘を目的とした行為
       (8) 選挙の事前運動、選挙運動又はこれらに類似する行為等公職選挙法に抵触する行為
       (9) 提供システムの運用を妨げ、あるいは市町村の信頼をき損又は失墜するような行為
       (10)その他、法律に反する行為
(情報等の削除)
  第24条    登録者が登録した情報等の内容が第21条、第22条又は第23条のいずれかに該当し、あるいはその他の理由で不適当であると市町村が判断した場合、市町村は、登録者に事前に何ら通知することなく当該情報等を削除することがあります。
(電子メールの配信)
  第25条    市町村では、登録者がメールアドレスの登録を行いかつ電子メール配信を希望した場合に限り、提供システムに関する電子メールの配信を行います。
(その他のサービス等)
  第26条    登録者が、提供システムにおいて本規約に規定のない提供サービスを利用するために、登録番号及びパスワードを入力し、当該提供サービスを利用したときは、当該提供サービスの利用を承認したものとします。
     前項に規定する提供サービスを利用する場合には、厚木市が別に定める当該提供サービスの利用規則又はこれに相当するものに従うものとします。
(個人情報保護)
  第27条    市町村は、登録者の個人情報については、市町村が別に定める個人情報保護条例及びプライバシーポリシーに基づき、適正に管理し取り扱うものとします。
(免責事項)
  第28条    次の各号に掲げる事項に該当するときには、そのために生じた損害について市町村は責任を負わないものとします。
       (1) 提供システムで提供するサービスを利用するに当たり、入力されたパスワードとシステムに登録されたパスワードとが一致して提供システムが利用された場合において、登録者に何らかの不利益が生じたとき又は市町村に損害を与えたとき。
       (2) 第11条第2項に規定する更新手続を行わなかったことにより、登録者が提供システムを利用できずこれにより損害が発生したとき。
       (3) 登録証の使用及び管理に際して、登録者が第三者に譲渡及び貸与又は盗難、紛失等において、そのことにより登録証が不正に使用され、その結果、当該登録者又は他の登録者に何らかの不利益が生じたとき又は市町村に損害を与えたとき。
       (4) 登録者が、その責に帰すべき事由により、提供システムの利用又は情報の登録をするときに、市町村、他の登録者又は第三者に損害を与えたとき。
 
第2章 公共施設予約システム
(利用者)
  第29条    公共施設予約システムにより公共施設の予約ができる登録者は、次の各号に掲げるものとします。
       (1) 個人登録で、個人(大人)登録証の交付を受けている方
       (2) 団体登録で、使用する施設ごとに当該施設が定めるところによる申請を行い、承認された団体
     団体登録をされた方は、使用しようとする施設に対し、当該施設が定める期間内に施設の利用団体登録申請を行うものとします。
(利用対象施設)
  第30条   使用できる施設は、個人登録にあっては別表第1、団体登録にあっては別表第2のとおりとします。
(申込方法)
  第31条   第30条に規定する対象施設においての使用申請(以下「本予約」という。)に当たっては、公共施設予約システムの運用に当たり、許可申請を決定するための予備的な行為として、抽選申込制とするものです。
(抽選申込みの受付等)
  第32条    抽選申込みの受付は、使用しようとする日の属する月の3箇月前の1日から同月末日までにするものとします。ただし、学校夜間開放は使用しようとする日の属する月の2箇月前の15日から同月末日までとします。
     前項における抽選申込みについては、同日の申込みに限り、第2希望まで申し込むことができるものとします。なお、第2希望として申込みをした施設は、第35条に規定する抽選申込数には含まないものとします。
     第1項で受け付けた申込みの抽選は、使用しようとする日の属する月の2箇月前の1日に実施するものとします。ただし、学校夜間開放は使用しようとする日の属する月の1箇月前の1日に実施します。
     前項において当選した者の本予約は、前項に規定する抽選日の翌日から同月末日までとし、この期間内に当該本予約を行わなかった場合は、当選を無効とします。なお、利用者登録の際、メールアドレスを登録しかつ当落選メール等の配信を希望した申込者には、抽選結果を電子メールで配信します。
     前項に規定する本予約に係る手続の完了をもって、抽選申込みにおける利用申請があり、及び利用許可がされたものとみなします。
     あつぎ市民交流プラザ(7階多目的スタジオに限る。)に対する第1項及び第3項の規定の運用については、第1項中「3箇月前」とあるのは「12箇月前」と、第3項中「2箇月前」とあるのは「11箇月前」とします。
(抽選処理)
  第33条   第32条第3項に規定する抽選に当たっては、公共施設予約システムにおいて、次の条件により優先順位を付し、優先順位の高い者の中から自動的に抽選処理をするものとします。なお、団体登録については、第1優先条件のみを適用します。
     
第1優先条件  抽選申込みをする月の前3箇月間における第36条第1項に規定するペナルティの点数を合計し、当該点数の少ない申込者を優先とします。
第2優先条件  第1優先条件において当該点数が同一の者については、厚木市、愛川町又は清川村のいずれかに在住、在勤又は在学する申込者を優先とします。
(空き施設の申込受付)
  第34条    第33条による抽選の結果、使用の予約がされていない施設の申込受付は、使用しようとする日の属する月の2箇月前の2日の午前9時から使用当日までにするものとします。ただし、学校夜間開放は使用しようとする日の属する月の1箇月前の2日から使用当日までとします。
     前項に規定する申込受付をもって、空き施設の利用申請があり、及び利用許可がされたものとみなします。
     あつぎ市民交流プラザ(7階多目的スタジオに限る。)に対する第1項の規定の運用については、第1項中「2箇月前」とあるのは「11箇月前」とします。
(申込み数等の制限)
  第35条    申込者が1箇月に抽選申込みをできる数及び1箇月に施設を使用できる回数については、別表第3のとおりとします。
     使用する日の2日前から使用日当日までの間に使用予約をした場合は、前項に規定する1箇月に使用できる回数を超えて申込みをできるものとします。この場合においては、1箇月に施設を使用できる回数には含まないものとします。
(申込取消しの受付)
  第36条    申込取消しの受付は、使用当日までとします。ただし、次の条件に該当するときは、ペナルティ点数を付加するものとします。
     
付加条件
ペナルティ点数 
使用する日の2日前から使用当日までの間に取消した場合
取消しの処理を行わないで使用しなかった場合
     使用する日の2日前から使用当日までの間に使用予約し、当該期間中に取消しをした場合及び地震、洪水などの天災、使用施設の都合等により使用できないときは、前項に規定するペナルティ点数を付加しないものとします。
(利用の不承認)
第37条  市町村は、次の各号に該当するときは、利用許可の取消しを行えるものとします。
(1) 天災等の発生に伴う避難場所の開設
(2) 公職選挙法に基づく選挙の執行
(3) その他市長が認める場合
 
第3章 講座・イベント予約システム
(利用者)
  第38条    講座・イベント予約システムにおいて、申込みをすることができる方は、個人登録をしている方とします。ただし、主催者の募集要件により、登録者以外の方(以下「未登録者」という。)も申込みができる場合があります。
(登録情報)
  第39条    講座・イベント予約システムにおいて提供する講座及びイベント(以下「講座等」という。)の情報は、次の各号に掲げる情報を提供するものとします。
       (1) 厚木市及び厚木市の関係団体(以下「厚木市等」という。)の情報
       (2) 国、県、厚木市以外の市町村並びにその関係団体の情報
       (3) 地域コミュニティ支援システムの登録者が登録した講座等の情報
       (4) お店・サービス情報システムの登録者が登録した講座等の情報
       (5) その他、厚木市が認めた情報
(申込区分)
  第40条    主催者は、次の各号のいずれかによる申込区分を設定し、参加者を決定します。ただし、お店・サービス情報システムの登録者により登録された講座等の情報には、申込区分の設定はありません。
       (1) 抽選 申込多数の場合は抽選により参加者を決定
       (2) 先着順 申込みをした順に参加者を決定
       (3) 自由参加 申込みを必要としないもの 
(申込方法)
  第41条    登録者は、主催者が定める受付期間及び方法により申し込むものとします。
(抽選処理)
  第42条    第40条第1号に規定する抽選に当たっては、講座・イベント予約システムにおいて自動的に抽選処理するものとします。
     登録者は、前項の抽選処理により当選した時点で参加者とします。
(抽選結果の確認)
  第43条    第40条第1号に規定する抽選申込みの講座等をインターネットにより申込みをした登録者は、抽選結果の公開日以降、講座・イベント予約システムにおいて抽選結果を確認するものとします。
     前項に掲げる以外の方法による申込みをした方は、主催者の定める方法により、抽選結果を確認するものとします。
(申込みの取消し)
  第44条    第40条第1号に規定する講座等にインターネットにより申込みをした登録者は、申込受付期間中にあっては、講座・イベント予約システムにおいて申込取消しをするものとします。
     前項以外の申込方法により申込みをした登録者及び申込受付期間以外にあっては、直接、申込先に電話等で取り消すものとします。
 
第4章 地域コミュニティ支援システム
(利用者)
  第45条    地域コミュニティ支援システム(以下「支援システム」という。)を利用して第46条に規定する情報を公開できる方は、第2条第3項に規定する登録者のうち、次の各号のいずれかに該当する方とします。
       (1) 生涯学習活動を目的とする団体又は個人
       (2) ボランティア活動を目的とする団体又は個人
       (3) その他、厚木市が情報の公開を認めた団体又は個人
     前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する方は、支援システムを利用することができないものとします。
       (1) 営利を目的とした団体及び個人
       (2) 政治的活動及び宗教的活動又はこれに類する活動を目的とした団体及び個人
       (3) 法令又は公序良俗に反し、又は反するおそれのある団体及び個人
       (4) その他、厚木市が不適当と認める団体及び個人
(公開できる情報等)
  第46条    登録者が支援システムにおいて公開できる情報等は、次の各号に掲げるものとします。
       (1) 登録者の基本情報
       (2) 講座・イベント予約システムを利用した登録者が開催する活動情報
       (3) あつぎ地域SNSシステムを利用した登録者の活動情報
     登録者は、情報の公開・非公開及び内容の変更が生じたときは、速やかに変更するものとします。
     講座イベント予約システムの利用に当たっては、本規約第3章の規定に基づいて行うものとします。
     あつぎ地域SNSシステムの利用に当たっては、本規約第8章の規定に基づいて行うものとします。
(登録者の責務)
  第47条    登録者は、前条に掲げるシステムにおいて公開される当該登録者のすべての情報について責任を持つものとします。
(禁止事項)
  第48条    支援システムの利用又は登録に際して、次の行為を禁止します。
       (1) 営利を目的とした行為
       (2) 政治的活動及び宗教的活動又はこれに類する行為
       (3) 法令又は公序良俗に反し、又は反するおそれのある行為
       (4) 犯罪的行為に結びつく行為
       (5) 他の利用者、登録者又は第三者の権利若しくはプライバシーを侵害し、又は名誉を毀損する行為
       (6) 支援システムが提供する情報の改ざん行為
       (7) 支援システムへの侵入を目的とする行為
       (8) 支援システムの目的に反する行為
       (9) 支援システムの運営に支障をきたし、又は信用を失ついさせる行為
       (10) 第三者に不利益を与えるおそれのある行為
       (11) ユーザID及びパスワードを第三者に貸与又は譲渡する行為
       (12) 不正なID及びパスワードを使用する行為
       (13) その他、厚木市が不適当と認める行為
(情報の削除等)
  第49条
   厚木市は、登録者から提供される情報が、前条の規定に該当すると判断したときは事前に利用者又は登録者に通知することなく、当該情報を削除することができるとともに、支援システムの利用を中止させ、又は利用の許可を取り消すことができるもとします。
 
第5章 図書館情報システム
(利用者等)
第50条  図書館情報システムにおいて、図書館資料の貸出し、予約、予約の取消し、貸出期間の延長、予約状況の確認等ができる方は、次の各号に掲げる個人登録者とします。
(1)厚木市内に居住し、又は在勤、在学している方
      (2)相模原市、秦野市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、平塚市、愛川町又は清川村に居住している方
(その他)
第51条  前条の定めるもののほか、図書館情報システムの運用については、厚木市立図書館条例施行規則(昭和59年厚木市教育委員会規則第13号)の定めによるものとし、その他、必要な事項は、厚木市が別に定めるものとします。
 
第6章 公募・募集システム
(利用者)
第52条  公募・募集システムにおいて、申込みをすることができる方は、個人登録をしている方とします。ただし、主催者の募集要件により、登録者以外の方(以下「未登録者」という。)でも申し込むことができるものとします。
(登録情報)
第53条  公募・募集システムにおいて提供する公募及び募集(以下「公募等」という。)の情報は、次の各号に掲げる情報を提供するものとします。
(1) 厚木市及び厚木市の関係団体の情報
(2) 国、県、厚木市以外の市町村並びにその関係団体の情報
(3) その他、厚木市が認めた情報
(申込方法)
第54条  登録者は、主催者が定める受付期間及び方法により申し込むものとします。
(作品等の提出)
第55条  作品等の提出がある公募等においては、主催者が定める提出期間及び方法により提出するものとします。
(結果の確認)
第56条  公募等の結果については、主催者が定めた方法により結果を発表し、申込者が確認するものとします。
(申込みの取消し)
第57条  申込者は、直接、申込先に電話等で取り消すものとします。
 
第7章 お店・サービス情報システム
(利用者)
第58条  お店・サービス情報システムを利用して第59条に規定する情報を公開できる方は、次の各号のいずれかに該当する方とします。
(1) 厚木市が、厚木市広告掲載要綱及び当該年度のマイタウンクラブお店・サービス情報広告掲載要領に基づき、利用を認めたお店・サービス情報システムに登録する団体又は個人
 (2) その他、厚木市が利用を認めた団体又は個人
 厚木市は、厚木市が指定する登録者IDと登録者が指定する算用数字とアルファベットを組み合わせた暗証番号(以下「パスワード」という。)を登録します。
 登録者は、本規約に基づき付与されたパスワードの管理、使用について責任を持つものとし、市町村及び他の登録者に損害を与えることのないよう、また、第三者に知られることのないよう善良な管理者の注意をもって管理するものとします。
 登録者のパスワードについては、市町村において当該パスワードの確認を行うことができません。ただし、登録窓口において第3条第1項に規定する書類等による確認を行い、パスワードの変更等を行うことができます。
 第1項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する方は、お店・サービス情報システムを利用することができないものとします。
 (1) 政治的活動及び宗教的活動又はこれに類する活動を目的とした団体及び個人
 (2) 法令又は公序良俗に反し、又は反するおそれのある団体及び個人
 (3) その他、厚木市が不適当と認める団体及び個人
(公開できる情報等)
第59条  登録者がお店・サービス情報システムにおいて公開できる情報は、次の各号に掲げるものとします。
(1) 登録者の基本情報及び活動情報
(2) 登録者が行う講座・イベント等の情報
(3) 登録者が情報交換等を目的として開設するあつぎ地域SNSシステムの情報
登録者は、登録内容に変更が生じたときは、速やかに変更するものとします。
講座・イベント予約システムの利用に当たっては、本規約第3章の規定に基づいて行うものとします。
あつぎ地域SNSシステムの利用に当たっては、本規約第8章の規定に基づいて行うものとします。
(登録者の責務)
第60条  登録者は、前条に掲げるシステムに公開される当該登録者のすべての情報について責任を持つものとします。
(禁止事項)
第61条 お店・サービス情報システムの利用又は登録に際して、次の行為を禁止します。
(1) 許可された内容以外の営利を目的とした行為
(2) 政治的活動及び宗教的活動又はこれに類する行為
(3) 法令又は公序良俗に反し、又は反するおそれのある行為
(4) 犯罪的行為に結びつく行為
(5) 他の利用者、登録者又は第三者の権利若しくはプライバシーを侵害し、又は名誉を毀損する行為
(6) お店・サービス情報システムが提供する情報の改ざん行為
(7) お店・サービス情報システムへの侵入を目的とする行為
(8) お店・サービス情報システムの目的に反する行為
(9) お店・サービス情報システムの運営に支障をきたし、又は信用を失ついさせる行為
(10) 第三者に不利益を与えるおそれのある行為
(11) ユーザID及びパスワードを第三者に貸与又は譲渡する行為
(12) 不正なID及びパスワードを使用する行為
(13) その他、厚木市が不適当と認める行為
(情報の削除等)
第62条  厚木市は、登録者から提供される情報が前条の規定に該当すると判断したときは、事前に利用者又は登録者に通知することなく、当該情報を削除することができるとともに、お店・サービス情報システムの利用の中止及び利用の許可を取消しをすることができるものとします。
 
第8章 あつぎ地域SNSシステム
(運営)
第63条  あつぎ地域SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)(以下「本サイト」という。)は、本規約及びあつぎ地域SNSシステム利用規約(別添1、以下「地域SNS利用規約」という。)に基づき運営するものとします。
地域SNS利用規約は、本規約の一部を構成するものとします。
(規約への同意)
第64条 本サイトを利用しようとする方が、本規約及び地域SNS利用規約を確認されたか否かを問わず、本サイトの利用を開始した時点で、本規約及び地域SNS利用規約に同意したものと判断します。
附 則
      この規約は、平成16年9月1日から施行する。
附 則
1 この規約は、平成17年4月1日から施行する。
2 改正後の規約は、(仮称)飯山グラウンドにおいては平成17年7月1日以後の使用等に係る申請等について、依知南公民館においては平成17年7月17日以後の使用等に係る申請等について、宝蔵山スポーツ広場においては平成17年8月1日以後の使用等に係る申請等について、適用する。
附 則
この規約は、平成17年6月1日から施行する。
附 則
この規約は、平成17年7月17日から施行する。
附 則
この規約は、平成17年10月1日から施行する。
附 則
この規約は、平成18年4月1日から施行する。
附 則
この規約は、平成20年3月14日から施行する。
附 則
1 この規約は、平成21年4月1日から施行する。
2 改正後の規約は、子ども科学館においては平成21年9月1日以後の使用等に係る申請について適用する。
附 則
      この規約は、平成26年2月1日から施行する。
附 則
      この規約は、平成26年5月1日から施行する。
附 則
      この規約は、平成27年4月1日から施行する。
附 則
      この規約は、平成28年4月1日から施行する。
附 則
      この規約は、平成29年4月1日から施行する。
附 則
      この規約は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)
登録証種別等
利用対象施設 
登録窓口
個人(大人)登録証 《厚木市》
玉川野球場、厚木野球場、厚木テニスコート、東町スポーツセンター、及川球技場、猿ヶ島スポーツセンター、南毛利スポーツセンター、長沼公園グラウンド、上ノ原公園グラウンド、厚木青少年広場、旭町スポーツ広場、飯山スポーツ広場、酒井スポーツ広場、中三田スポーツ広場、下川入サッカー場、戸沢橋スポーツ広場、宝蔵山スポーツ広場、飯山グラウンド、荻野運動公園、若宮公園テニスコート、金田ゲートボール場、ぼうさいの丘公園多目的広場

《愛川町》
田代運動公園、三増公園、中津工業団地第1号公園、第1号公園体育館、中津工業団地第2号公園、坂本運動場、志田運動場、小沢ソフトボール場、坂本体育館

《清川村》
清川村運動公園
《厚木市》
荻野運動公園、東町スポーツセンター、南毛利スポーツセンター、厚木北公民館、厚木南公民館、依知北公民館、依知南公民館、睦合北公民館、睦合南公民館、睦合西公民館、荻野公民館、上荻野分館、小鮎公民館、玉川公民館、南毛利公民館、相川公民館、緑ヶ丘公民館、愛甲公民館、森の里公民館、南毛利学習支援センター、保健福祉センター、子ども科学館、情報プラザ、文化会館、情報政策課、スポーツ推進課、公園緑地課、あつぎ市民交流プラザ、中央図書館、依知北公民館図書室、睦合北公民館図書室、睦合西公民館図書室、荻野公民館図書室、小鮎公民館図書室、玉川公民館図書室、相川公民館図書室、森の里公民館図書室、南毛利公民館図書室、猿ケ島スポーツセンター、及川球技場

《愛川町》

田代運動公園、三増公園、第1号公園体育館、スポーツ・文化振興課

《清川村》
清川村運動公園、清川村教育委員会
個人(小人)登録証 公共施設予約システムは利用できません 個人(大人)登録証に掲げる登録窓口のうち厚木市内の登録窓口
個人登録証(地域コミュニティ支援システムを利用することを目的として登録をする方) 個人登録証に掲げる利用対象施設と同じ 文化生涯学習課
 
別表第2(第2条関係)
登録証種別等
利用対象施設
登録窓口
団体登録証(施設を使用する団体) 保健福祉センター 保健福祉センター
あつぎ市民交流プラザ あつぎ市民交流プラザ
情報プラザ 情報プラザ
子ども科学館 子ども科学館
ぼうさいの丘公園 公園緑地課
文化会館(提供システムでは、空き状況の参照) 文化会館
南毛利学習支援センター 南毛利学習支援センター
厚木北公民館、厚木南公民館、依知北公民館、依知南公民館、睦合北公民館、睦合南公民館、睦合西公民館、荻野公民館、上荻野分館、小鮎公民館、玉川公民館、南毛利公民館、相川公民館、緑ヶ丘公民館、愛甲公民館、森の里公民館 厚木北公民館、厚木南公民館、依知北公民館、依知南公民館、睦合北公民館、睦合南公民館、睦合西公民館、荻野公民館、上荻野分館、小鮎公民館、玉川公民館、南毛利公民館、相川公民館、緑ヶ丘公民館、愛甲公民館、森の里公民館
《学校夜間開放(グラウンド)》
三田小学校、玉川小学校、緑ヶ丘小学校、愛甲小学校、依知小学校、厚木中学校、荻野中学校、小鮎中学校、林中学校、相川中学校、依知中学校
スポーツ推進課、使用料の納付場所はスポーツ推進課、玉川野球場、厚木野球場
団体登録証(施設を使用しない地域コミュニティ支援システムを利用することを目的として登録をする団体)
文化生涯学習課
 
別表第3(第35条関係)
対象施設
1箇月の抽選申込み回数
1箇月の使用回数
厚木市スポーツ施設
7回
7回
愛川町スポーツ施設
4回
7回
清川村スポーツ施設
7回
7回
公民館(分館含む)
5回
5回
あつぎ市民交流プラザ
5回
5回
ぼうさいの丘公園
5回
5回
南毛利学習支援センター
5回
5回
保健福祉センター
5回
5回
情報プラザ
5回
5回
子ども科学館
5回
5回
学校夜間開放(グラウンド)
5回
10回


別添1 あつぎ地域SNSシステム利用規約
     

終了